Free Porn
xbporn

buy twitter followers
uk escorts escort
liverpool escort
buy instagram followers
ホーム重要な質問アッラーがすべてを知っていることは人間の意志に影響を与えますか?

アッラーがすべてを知っていることは人間の意志に影響を与えますか?

アッラーは過去、現在、未来についての知識を持っています[1]。アッラーがこの知識を持っているという事実はこのタイムラインで何が起こるかについて変更する理由にはなりません。知っていることと、行うことを選択するのは、2 つの異なることだからです。

人は太陽が昇り、そして沈む時刻を知っています。ただし、これを知っていても、太陽の昇り降りに影響があるとは限りません。同様に、アッラーがすべてを知っているという事実は、人間の意志には影響しません。アッラーは知っているので、人は選択しません。人間が選択するので、アッラーは知っています。

アッラーは人が選ぶものを創造します。実際のところ、各人は自分の選択に責任があります。「われらはすべての人間の首に、それぞれの「鳥」を結わえつけておいた。そして復活の日、われらはその者のために一冊の記録を取り出し、開いてみせる。「あなたの記録を読みなさい。この日、あなたの清算はあなた自身で十分である」。」[2] 誰も他人の罪を負うことはありません。 [3]

イスラム文学では、カデル(運命)という言葉は、アッラーの創造物[4]と自然の働き[5]に対するアッラーの計画を実現するために使用されます。カデルは2つに分けられます、「イズトラーリ」と「イフトヤーリ」と言われます。

イズトラーリ・運命とは、人間には選択する権利がないことを意味して、人の意志に反して書かれたのは運命です。人の性別、外見、家族、生まれた国、そして特定の可能性と制限が、その人の運命の対象となります。イフトヤーリ・運命とは、人が自発的に選択するもの全てです。例えば、結婚する相手を選ぶときや、どの職場に応募するときなど、ある特徴に注目してこの選択をするのは自発的な運命です。アッラーがこの人またはこの機関を知っているという事実は、人の選択を強制するものではありません.


[1] クルアーン6章73節

[2] クルアーン17章13-14節

[3] クルアーン35章18節

[4] アブドラー・ビン・オメルの語りました。「私の父 オメル・ビン・ハッタブは次のように語っています。

「ある時私たち預言者と一緒にいる間真っ黒の髪の人が来ました。彼には旅の兆候はなく、私たちの誰も彼を知りませんでした。彼は預言者の隣に座り、両膝を膝の上に置き、両手を太ももに置きました…「信仰について教えてください。」言いました。預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)は次のように述べています。「それは、アッラー、その天使たち、その書物、その預言者たち、そして最後の日を信じることです。 それはまた、良いことも悪いこともある運命を信じています。」」

ムスリム、イマン、1 [5] クルアーン13章8節、クルアーン25章2節