Free Porn
xbporn

buy twitter followers
uk escorts escort
liverpool escort
buy instagram followers
ホーム重要な質問イスラム教によると、すべての人の喜びは制限されるべきですか?

イスラム教によると、すべての人の喜びは制限されるべきですか?

イスラム教徒の学者によると、人間の喜びの源である感情は、3つの見出しで調べられます。これらは思考、欲望、そして怒りです。これらの感情には限界がありません。人が自分の限界を決定しない限り、常にこれらの感情をもっと体験することしたがっていることです。[1]

イスラム教は人々の感情を禁じていませんが、人がこれらの感情を体験できるように、無制限の自由の領域を彼らに与えません。イスラム教はバランスがある宗教です。アッラーはムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)の道徳と生活の中で人間の本性に置かれた必要な物全てを満たすための最良の方法を示しました。

ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)は一般的に感情、態度、行動が正常でバランスで取れたことを望んでいました。過度の愛は失明や難聴を引き起こす可能性があると警告し、人々に適度に愛するよう呼びかけます[2]。宗教における過激主義を禁止する一方で、それは古代社会の破壊を起こす悪い習慣であると述べています[3]。そして彼は過度の世俗化を拒絶するだけでなく、宗教や崇拝の名においてさえ、世俗的な事柄から完全に脱却するような極端に逸脱することをも禁じています。[4]

アッラーは人々に基本的なニーズを正しく、健康的で、ハラールの方法で満たすように命じました。「アッラーがあなたがたの糧とした、合法な良いものを食べなさい。そしてアッラーを畏れなさい。あな たがたは、その信仰者なのだから」[5] 「彼らは姦淫することのない者。」[6] イスラム教によると。これらの3つの感情で起こる喜びの必要性を満たす方法としてハラルの方法を選ぶのは、人をこの世界と他の世界の両方で個人的にも社会的にも人々に利益をもたらすであります。

イスラームの宗教によれば、人は善悪を区別できるようにマインドが与えられています。「あなたがたの主から、まさしく開明が到来した。それゆえ、目を開くなら自身のためになり、また目を 閉ざすなら、自身のためにならない。」[7] しかし、人は過度にマインドを使うと、善悪とは異なり、相手を反映する能力を獲得します。 人がマインドを全く使わないということは、何が正しくて何が間違っているのかを意識せずに生きているということを意味します。

欲望の感覚は、上下の胃に関連するニーズに満足と満足を提供します。この気持ちで船外に出ると、肥満などさまざまな病気にかかる可能性があります。欲望を感じない人は健康的な生活を送ることができません。なぜなら、お腹が空いたときは、お腹を満たすためにそれを感じなければならないからです。

イスラム教によれば、異性への欲望は間違っていません。間違いは個人がこの感情をどのように経験するかによって形作られます。正しい方法または間違った方法のいずれかを選択してこの感覚を体験することも、テストそのものです。 預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)は、この感情を感じている人には、間違った道をたどらないように結婚し(ハラール満足)、機会が見つからない場合は断食して、この感情をコントロールできるようにするようアドバイスしました。

「若者よ! 結婚することができ、そして余裕がある人に結婚させてください。 なぜなら結婚は目(ハラムを見る)を禁じ、純潔を(ハラムに落ちることから)保護するからです。結婚できない場合は、断食してください。 なぜなら断食(ハラームに陥るのを防ぐ)が保護だからです。」[8]

怒りは人の不当に対する反応です。怒りは制御された方法で経験される必要があります。イスラーム教は人間のマインドと意志を、人の自分自身をコントロールできる存在であることに結びつけます。怒りではなくマインドで行動する人にとっての最大の祝福は、意志を持って行動する能力であります。人間の最強の側面は、望んでいるのに何もしないという意志であります。 預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)は、この状況を次の例で表現しました。「強い人は、レスリングで相手を打ち負かす人ではなく、怒りで自分を支配する人です。」[9] まったく怒りを感じないのは健康な状態ではありません。なぜなら、イスラム教によれば、個人は怒って不正にと悪いことにと専制政治に反応するべきです。[10]実は、精神障害がなくても怒りがないということは、自分が住んでいる世界とのつながりを失ったということです。しかし、イスラム教によれば、この世界は来世の畑であります。この世界での個人の生活そして好みそして反応は来世の生活を形作ります。[11]


[1] Ghazali、Ihya-u Ulumi’d-din、Kimyây-ı Saadet。 Bediuzzaman Said Nursi、Isarat al-Icaz:Surah Fatiha、Risale-i Nur。
[2]アブダウド、アダブ、116。
[3] Buhari、I’tisam、5。
[4] Buhari、Savm、51。
[5] クルアーン5章88節
[6] クルアーン25章68節
[7] クルアーン6章104節
[8] Buhari; 5065
[9] Müslim, Birr, 107
[10]「悪を見たときは、手で直し、それをできない場合は言葉で直し、それもできない場合は心で憤慨しなさい。 結局のところ、これは最低レベルの信念です。」 Müslim, İman, 78.
[11]Aclûnî、Keşfu’l-Hafa、I、p。 412。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください