Free Porn
xbporn

buy twitter followers
uk escorts escort
liverpool escort
buy instagram followers
ホーム重要な質問イスラム諸国の未発達はイスラム教に関連していますか?

イスラム諸国の未発達はイスラム教に関連していますか?

イスラム教徒が多数を占める国々が未発達国または発展途上国の地位にあるのは事実です。この状況は、国の政治的安定、経済発展、教育制度、法政、個人間の社会的統一など、多くの側面で考えることができます。

イスラム教徒のイスラム教への固執とこれらの国々の未発達または発展との間に関係はありません。なぜならイスラム教はイスラム教徒が勤勉で、断固として[1]そして希望を持っているべきであると述べているからです[2]。「男にも、自分で得たものの中から取り分がある。女にも、自分で得たものの中から取り分がある。アッラーに御恵 みを求めなさい。本当にアッラーは、ありとあらゆるものごとを知る」[3]

イスラム教によれば、人は努力するだけの収入を得ることは決定です。「人間は、ただ自分が努力したことだけを得る。」[4]さらに、預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)は怠惰からアッラーに避難を求めたと述べています。[5]また、イスラム教では、世界は来世の分野であるということも付け加えておく必要があります。[6]

来世の存在信じる人間はこの世界での選択のきっかけ来世で利益を得るであろうので、人生を最大限に生きたいと思っています。人がいつ死ぬかわからないという事実にこの状況が加わると、イスラム教徒は生きるすべての瞬間をチャンスと見なします。言い換えれば、信仰はイスラム教徒が勤勉であることを奨励します。「荷を負う者が、他者の荷を負うことはできない。 人間は、ただ自分が努力したことだけを得る。 その努力は、いずれ [ 本人に ] 見えてくるだろう。 そののち、十分な報酬をもって報いられるだろう。 本当に、終着はただあなたの主にある。」[7]

クルアーンに特有のイスラム教は人々を新しい情報を学ぶことにと奨励しています。クルアーンではよく繰り返してある 「考えないか?」、「思わないか?」節は人々を考えさせ、疑問を投げかけます。[8]

預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)に明らかにされた最初の節は「読め!」[9]という節です。イスラム教によれば、イスラム教徒が有用な作品を残した場合、彼は死んだ後も報われ続けます。[10]この宗教では、男性または女性を問わず、すべてのイスラム教徒が知識を習得することが義務付けられています。[11]

ご覧のとおり、イスラム教は研究と科学を非常に重要視しています。したがって、イスラム教徒が過半数を占める国々の後退は、彼らが信じている宗教とは関係がありません。


[1] クルアーン3章186節

[2] クルアーン12章87節

[3] クルアーン4章32節

[4] クルアーン53章39節

[5] Buhari、Jihad、25、74; Muslim、Da avât、48、 52

[6] Acluni, Keshfu’l-Hafa, I/412.

[7] クルアーン53章38-42節

[8] クルアーン6章50節、クルアーン16章17節、クルアーン11章24節

[9] クルアーン96章1節

[10]Tirmizi、Ahkam 36

[11] Beyhaki、 Shuabu’l-Iman-Beirut、 1410、2/253