Free Porn eşya depolama pornhub Galabetbonuslari.com Galabetadresi.com Galabetcasino.com Vipparkbahissitesi.com Vipparkcanlicasino.com Vipparkcanlislotsitesi.com Deneme bonusu veren siteler Deneme bonusu veren siteler Deneme bonusu veren siteler Deneme bonusu veren siteler Deneme bonusu veren siteler paper.io yohoho.io yohoho unblocked io games unblocked 1v1.lol unblocked io games unblocked google sites slope play unblocked games io games padisahbetgirisyap.com padisahbetgirisadresi.net padisahbetbahis.net padisahbetcasino.com deneme bonusu
ホームイスラームにおける社会生活相手に愛情をイスラム教はどのように見ますか?

相手に愛情をイスラム教はどのように見ますか?

愛とは、強烈で過度の愛情を意味します。相手への愛情に対するイスラムのアプローチはこの感覚のバランスを保ち、またはこの感覚を人に与えるのはアッラーであることを認識することです。

イスラム教は人間への愛情が間違っているとは考えていません。実際のところ、この状況はクルアーンで次のように表現されています。「あなたがたのために、あなたがた自身の中からその伴侶を創造し、憩いを得るようにし、あなたがたのあいだに親愛と慈悲をあらしめたことも御しるしのひとつ。本当にその中には、省みる民への御しるしがある。」[1]

イスラムでは存在と非存在が人間の試練であることを考えると[2]、誰かと恋に落ちることさえ試練になります。この感覚は、アッラーが許可した形と時期の限り経験されるべきです。イスラムによれば、恋に落ちることは間違いではありませんが、この感情を経験している間の恋愛中の人の行動は、イスラムによれば正しいか間違っているかと見なされます。イスラム教がこの感情を体験することを可能にする程度は結婚を実行できる心理的、生物学的、経済的成熟に到達することです。人がこの成熟に達する前に恋に落ちた場合は禁じられた行動を避け、この感情を正しい方に向けるべきです。人は恋に落ちた人と一人でいることを避けるべきで、官能的な接触を持ってはならず[3]、相手の心に傷付けることを控えるべきです。[4] 預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)は、過度の愛は目を失明や耳を難聴ことを引き起こす可能性があると警告し、人々に愛する人を適度に愛するよう呼びかけています。[5]

人間はほとんど相手の美しさ、良さ、完璧さを見るとこの感情を感じ始めます。イスラム教によると、相手に見つけるこれらの特徴は、アッラーが持っている特徴を反映しています。イスラムによれば、人は相手に見られるこれらの特徴を備えたアッラーを思い出し、アッラーが愛されるに値するモノであることを理解する必要があります。そうでなければ、相手にこれらの特徴を具体化するこの強い愛を感じる人はその人を人生の中心に置きます、「それでも人々の中には、アッラーをさし置いて諸々の同位のものを設ける者もある。彼らは、アッラー

を愛するかのようにそれらを愛する。しかし信じる者は、より強くアッラーを愛する。」[6]

最後に、この感覚のためにムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)の祈りは覚えさる必要があります「心を向けるアッラーよ、アッラー様の宗教に私の心を固くしてください。」[7]この祈りは、心とアッラーの間につながりがあることを示しています。間違いなく、心の変化は人間の意志とアッラーの意志の微妙なバランスに依存します。さらに、イスラム教によれば、ハラムに従事しないように奮闘して亡くなる人は殉教者と見なされます。[8]


[1] クルアーン30章21節
[2]「われらは必ずやいくらかの恐れと飢え、また財産、生命、果実 [ の収穫 ] の喪失をもってあなたがたを試すだろう。しかしよく耐える者には、良い報せを伝えなさい、」 クルアーン2章155節
[3]「姦淫に近づいてはならない。それは不品行であり、悪い道である。」 クルアーン17章32節
[4]「預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)はカーバ神殿を見ている間は次のように述べています: 「間違いなく、アッラーはあなたを非常に尊敬し、非常に価値が高くしました。しかし、信者はあなたよりも尊敬されているモノです。」 İbn Mace、Fiten、2
[5] AbûDâvûd、Adab、116
[6] クルアーン2章165節
[7] Tirmidhi、Deavât、89
[8] Kenzu’l-Ummal、h No:6999-7000

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください