Free Porn
xbporn

buy twitter followers
uk escorts escort
liverpool escort
buy instagram followers
ホームハズラットムハンマド(pbuh)預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)は妻に暴力したことがありましたか?

預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)は妻に暴力したことがありましたか?

預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ) 12は結婚しましたが、妻を殴打せず、殴打した人々を非難し、この文脈において、女性について何かをするにはアッラーから恐れられ、不当に扱われず、よく扱われることを望んでいました。彼は「君達の最高の者は妻に最高である人々です。」と言いました。[1]

ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)は妻との問題の方法として殴打を使用したことはなく、それを推奨しませんでした。彼が管理する方法で妻との問題を打ち負かすことはオプションではありませんでした。

ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)はハフサに秘密を告げます。しかし、ハフサはこの秘密をムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)の他の妻達と共有しています。そしてこれは預言者に啓示を通して明らかにされます。[2]このことが行なったの当時にはムハンマドの妻たちは、公平に扱われているにもかかわらず、お互いに嫉妬しており、この嫉妬は預言者に反映されていました。ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)はこれらの問題のためには一ヶ月間妻から離れることを誓った、メシュレベと呼ばれるパーゴラに一人でいました。[3]

預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)が妻に抱えていた問題の例としてイフクの事は挙げることができます。 イフクという言葉は誹謗中傷、嘘を意味します。このことは次のように行われました。イスラム軍はムスタリックの戦いの後で休息を取りました。滞在中アイシャさんは必要に応じて軍隊を離れ、同時にネックレスを落としました。彼女がネックレスを探していたのは久しぶりして、彼女が軍隊が宿営している場所に着くと、軍隊が動いているのを見て、彼らが彼女の不在に気づいたときに出て来ると信じてそこで待ち始めました。その間、彼女は眠りに落ちます。軍隊の後衛(退却する軍隊を確保するために従うために置き去りにされた者)

Safvan b. Muattal es-Sulemi 義務としてキャンプ場をチェックしていたとき、彼は彼女を見つけ、ラクダに乗せ、軍隊に到達しました。しかし、彼は速足でいても歩いているので、軍隊が休憩をとるとき、護送船団に到達することができました。問題の遅延は、悪意のある人々によって不道徳であると解釈されます。 帰った後1か月間病気になったアイシャはこのゴシップを聞いていませんでした。このうわさを聞いて、預言者ムハンマドは周りの人々と相談して決定を下しました。彼が相談した人々はアイシェをよく知っている人々でした。これらの人々はアイシャの道徳は良かったが、彼女は若いので無謀に行動することができたと述べました。アイシェのそばに行って預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)は妻にこう言いました「もし君が無実なら、アッラーは君を清めてくださる。君が罪を犯したなら、悔い改めて許しを求めてください。アッラーは悔い改めを許します。」 アイシャ様は、預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)はその噂を信じているので、彼女の言うことは何でも疑うだろうと述べ、アッラーに助けを求める以外に選択肢はないと述べました。その後、アッラーは啓示を通してアイシャに起因する主張は中傷とであると述べて、彼女をクリアしました。

「本当に、この作り話を広めたのは、あなたがたの中のある連中である。それを、あなたがたにとり不幸 なことと思ってはならない。いいや、それはあなたがたにとり良いこと。彼らのうち、誰もがそれぞれ に自分の罪を得ている。中でも、このことの大部分を担った者には大いなる懲罰があるだろう。 あなたがたがそれを聞いたとき、どうして信仰者の男女とも、自分の良心において「これは明白な作り 話です」と言わなかったのか。

どうして彼らも、[ 自分たちの主張を証明する ] 四名の証言者を連れてこなかったのか。証言者をあげないとき、アッラーの御許においてはこれらの者 [ の方 ] が嘘をつく者。 もしあなたがたの上にアッラーの御恵みも、また現世と来世における慈悲もなかったなら [ どうなって いたことか ]。これについてしゃべり散らしたことに対し、あなたがたは大いなる懲罰に遭っていただろ う。 あなたがたはそれを舌先で受け取り、また自分には何の知識もないことを口先で言い、それを些細なこ とだと思っている。しかしそれは、アッラーの御許では大それたこと。 それを聞いたとき、どうしてあなたがたは「こうしたことを話すのは、私たちにはあるまじきこと。あ なたに讃美あれ。これは、深刻な中傷です」と言わなかったのか。」[5]

上記の出来事からわかるように、預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)は、妻を殴打して問題を解決しませんでした。 ムハンマドは、クルアーンで「(女性と) 誠意をもって生活を共にしなさい。」[6]の命令に細心の注意を払いました。

表紙の写真は、マジッド・マジディ監督の映画「Muhammad: The Messenger of God」から取られたものです。


[1] Tirmizî, Rada, 11.

[2] クルアーン66章3節

[3] Buhari, 7, 230.

[4] İbn Sa‘d, eṭ-Ṭabaḳât, II, 63, 64, 65.

[5] クルアーン24章11-16節

[6] クルアーン4章19節

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください