Free Porn eşya depolama pornhub Galabetbonuslari.com Galabetadresi.com Galabetcasino.com Vipparkbahissitesi.com Vipparkcanlicasino.com Vipparkcanlislotsitesi.com Deneme bonusu veren siteler Deneme bonusu veren siteler Deneme bonusu veren siteler Deneme bonusu veren siteler Deneme bonusu veren siteler paper.io yohoho.io yohoho unblocked io games unblocked 1v1.lol unblocked io games unblocked google sites slope play unblocked games io games padisahbetgirisyap.com padisahbetgirisadresi.net padisahbetbahis.net padisahbetcasino.com deneme bonusu
ホームイスラームにおける社会生活イスラム教における戦時国際法

イスラム教における戦時国際法


戦争とは、国家間の経済的および政治的不一致などの理由で政治的関係を断ち切ることによって、国家が互いに軍隊と戦う武力行動に付けられた名前です。

イスラム教徒の学者による戦争とは、イスラム教徒が住む国の安全を脅かす、またはイスラム教が人々に到達するのを妨げる力と戦う最後の段階です。このため、「ジハード」という言葉は、イスラムにおける戦争の理解と、搾取と悪を目的として行われた戦争とを区別するために使用されます。さらに、イスラム教で戦利品、名誉、名声を得るために戦った戦争は批判され、非難されてきました。[1]

イスラム法に従って戦うの規則があります。これらのルール、クルアーンと預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ) のスンナ[2]に基づいて形作られました。イスラム法における戦争のルールは次のように要約することができます。敵がイスラム国を攻撃する場合、一般的な動員が宣言されます。すべてのイスラム教徒(知性、自由、男性)が戦争に参加することはファルズ(義務的)であります。戦時国際法の規則が適用されるため、戦争の始まりを決定することが重要です。これは、戦争を宣言し、それを当事者に知らせることによって可能になります。したがって、戦争が行われる前に、反対側との合意があれば、それが破られていることを通知するようにクルアーンでは明確に命じられています。[3]

また、イスラム法学者は次のように述べていることも付け加えておく必要があります。「敵に遭遇したとき、彼らに3つの選択肢を与えなさい。 彼がこれらのどれを選んでも、それを受け入れて、それらに触れないでください。 最初にイスラム教徒になるように彼らを招待し、彼らが受け入れるならば、彼らに触れないでください。 彼らが受け入れない場合は、ジズヤ(お金)を支払うように依頼してください。肯定的に答えた場合、それを受け入れ、彼らに触れないでください。 もし彼らがこれを受け入れないのなら、アッラーに助けを求めて戦って。」という意味のハディースに基づいて、戦う前にイスラム教に招待する必要性に同意します。[4]

戦争状態によって要求されるいくつかの例外を除いて、イスラム国のイスラム教徒にとってハラール(許可)およびハラーム(禁止)と見なされるものは、戦争が行われる敵国でも一般的に同じ規則を持っています。

戦争のトリックは、軍事目的または敵を欺くために使用することができます。 預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)が「戦争は欺瞞である」と決定したことは、戦争に警戒し、注意を払い、反対側を驚かせるようなトリックを使用する必要があることを示しています。[5]しかし、問題の戦争トリックは、敵に対してなされた約束が守られないことを意味するものではなく、戦争状態においてさえ、「正確さ」が不可欠です。

イスラム戦争法により、女性、子供、精神障害者、障害者、病人、高齢者、神殿で隔離された聖職者や農民、個人的または間接的に戦争に貢献しない労働者やビジネスマンの殺害は禁止されています。戦争での死を可能な限り減らすための預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)のアドバイス「イスラム教徒は殺害に関して最も寛容な人々である」という言葉はこれを示しています。[6]

イスラム法では、戦争中または戦争後に敵の兵士の死体を燃やしたり破壊したりすることは禁じられています。[7]敵側の女性をレイプしたり、不当な関係を築いたりすることは禁じられています。相手がイスラム教徒の人質を殺害したとしても、犯罪の個性の原則[8]に従って敵の人質を殺害することは禁じられている。[9]

預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)の「略奪する者は私たちの友ではない」[10]や「略奪はハラームであり、汚れた動物の肉を食べるのと同じ」[11]などの警告に従って略奪は禁止されています。栄養の必要性を満たすため、または敵の戦闘力を破壊するために行われる場合、または手術の必要性がある場合を除いて、植物組織および他の生物を破壊することは正しくありません。[12]

戦略的な場所、城などを戦争要件の枠内で破壊、火を放つ、洪水することは許可されています。同様に、敵の水路を切断したり、使用できなくしたりすることも許可されています。[13]

性別や年齢に関係なく、ズィンミー協定が締結されていない場合は、戦争中または戦争の終わりに非イスラム教徒を捕虜にすることができます。[14]しかし、捕虜を虐待することは禁じられており、家族を引き離さないように、彼らの避難所と栄養に注意を払い、特に女性の捕虜の名誉に細心の注意を払うよう求められました。

戦争は、相手方がイスラム教を受け入れるか降伏するか、征服が実現するか、恒久的または無期限の平和条約に署名するか、停戦協定に署名するか、イスラム教徒を敗北させるか、戦争を去る方法の1つで終わります。どちらの側が戦争に勝っても、人命と財産が失われが起きます。イスラム教によれば、戦争に参加し、アッラーの喜びを得るために上記の方法で死ぬイスラム教徒は殉教者と見なされます。

殉教者であることは、イスラム教徒にとって最良の死因です。なぜなら、アッラーはクルアーンでは殉教者について次のように述べている。「アッラーの道のために殺された者を、死んだものとは思ってはならない。いいや、むしろ彼らは生きて いる。主の御許で養われ、アッラーが彼らに与えた御恵みと、やがて彼らに加わるだろう、後に続く者たちへの良い報せに歓喜し

ている。彼らには恐れもなく、嘆きもないだろう、と。」[15]


[1] Buhari, Jihad, 15; Muslim, Imare, 149.
[2] スンナ:ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)の状態と行動。
[3] クルアーン8章58節
[4] Muslim, Jihad, 3; Abu Dawud, Jihad, 82.
[5] Bukhari, Jihad, 157; Muslim, “Jihad”, 18; Tirmidhi, Jihad, 5
[6] Serahsi, Şerḥu’s-Siyeri’l-kebir, I, 78-79; Shawkani, VIII, 71 et al.
[7] Bukhari, Jihad, 149; Muslim, Jihad, 3.
[8] 犯罪の個性の原則:この規則に従い、人は自分が犯した行為に対してのみ責任を負うことができ、他人が犯した行為のパートナーでない限り、責任を負うことはできません。 したがって、反対側の誰かが人質を殺した場合、彼らは個性の原則に従ってそれに対して責任があります。 ここには報復はなく、人質は見返りに殺されません。
[9] Serahsi, al-Mebsûṭ, X, 169.
[10] Abu Dawud, Ḥudûd, 14; Tirmidhi, Siyer, 40.
[11] Abu Dawud, Jihad, 128.
[12] クルアーン59章5節; Serahsi, Şerḥu’s-Siyeri’l-kebir, I, 52-55.
[13] クルアーン59章2節
[14] クルアーン8章67-69節 クルアーン47章4節
[15] クルアーン3章169-170節