Free Porn
xbporn

buy twitter followers
uk escorts escort
liverpool escort
buy instagram followers
ホーム重要な質問イスラム教の科学への視点

イスラム教の科学への視点

ある方法で得られ、実践で検証され、その妥当性が認められ証明された知識を科学と呼びます。科学は物質界に関連する問題を含みます。イスラム教では単独では考えられていない科学は、もっと包括的の意味で知恵(イリム)と呼ばれています。知恵はすべての物質的および精神的な知識の学びだからです。

イスラム教の主要な源泉であるクルアーンでは、イスラム教徒はしばしば「考えないのか?」「思わないのか?」[1]と尋ねられます。新しい 知識を学ぶことを何回も奨励するクルアーンでは[2]、アッラーは知識を獲得することの重要性に常に注意を引いています。

クルアーンの啓示は最初に「読めなさい!」と始まります。[3]ただし、ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)がメディナに移住なさったとき、家のすぐ隣にマスジッド(礼拝するの場所)とマドラサ(授業の場所)を建てられました。いつもこのマドラサに滞在し、常に知恵で忙しい学生は教育を受けました。 ムハンマドは(彼の上に祝福と平安あれ)常に信じる人々に知恵を学ぶように勧めました。これについての彼の多くの言葉の1つは次のとおりです。 「知識を​​得るための道に着手する者は誰でも、アッラーはその人に楽園への道を容易にするでしょう。」[4]

イスラム教では人間は善行なところやものを残して亡くなった後でも、天使達はその人の証書に善行を書き続けると信じられています[5]。 ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)このことについて「人間が死んだら、すべての行為の報酬は終わります。次の3以外:sadaka-i cariye [6]、恩恵を受けられる知識、彼のために祈っている良い子供。」[7]と言って、で注目を集めました。このため、科学と、人々に利益をもたらす仕事を扱うことが奨励されています。

アッラーは多くのクルアーン節で、知識を得る人々を他の人から明確に区別しています。 「知っている人と知らない人は同じであるでしょうか?」[8]という節はその良い例を示します。同時に、学ぶだけでなく、教えることも奨励する多くのハディースがあります。[9] 「世界とそこにあるものは無価値です。アッラーを思い出すこと、アッラーに近づけること、知識を教える学者と学びたい学生以外。」[10]というハディースではムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)が知識を学び、教える人々に与えた価値を示しています。

Surah At-Tawbaの122節では、クルアーンで知恵を学ぶことの重要性がもう一つの観点があります。 「しかし、すべての信者が完全に戦争に行くのは正しくありません。あらゆる分野の人々のグループは、宗教について十分な知識を得て、帰国した人々に警告するために、残る必要があります。彼らはそれを避けますように。」と伝えて、戦争中であっても誰でも戦争に参加するわけではなく、一つのグループが知恵(イリム)に従事するように命じられています。

イスラームが科学に与える精神的価値の基礎は、創造された存在に関する研究が人々に創造主を知るように導くということです。科学のすべての分野は、実際にアッラーの創造性の芸術的完璧な作品の調べです。したがって、すべての発明は、彼の創造性の独自性を賞賛するように導きます。クルアーンのすべての知識の源として報告されている「アッラーを知ること[11]」(マリフェトゥーラ)は、人間が存在する最も重要な理由です。

また、ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)の; 「最高の人は人間に有益な人です。」[12]その言葉は、得られた知識を人の利益のために提示する可能性があるので、科学と研究を奨励します。

イスラームの歴史を見ると、アーリム(科学者)はさまざまの分野でいます。それらのいくつかが下の通りです;

イブン・スィーナ(哲学、医学、天文学)

ファラービー(文学、天文学、哲学)

フワーリズミー(数学、天文学、地理学)

イマーム・ガザーリー(文学、論理学、イスラム科学)

ジャラールッディーン・ルーミー(詩人、神秘主義者)

さらにこの人々以外にも多くの科学者が教育を受け、現在にでも使用されている作品を残しました。


[1] Nahl/17
[2] Taha/114, Mücadele/11
[3] Alak/1
[4] Müslim, Zikr 39. さらに参照してください Buhârî, İlim 10; Ebû Dâvûd, İlim 1
[5]イスラム教の信念によれば、人の善行と罪が記録されている本
[6] Sadaka-i cariye:使用されている限り報われる善行(モスク、橋、基礎などの社会の利益のために行われる作業)
[7] Müslim, Vasiyyet 14. さらに参照してください Ebû Dâvûd, Vasâya 14; Tirmizî, Ahkâm 36; Nesâî, Vasâyâ 8
[8] Zümer/9
[9] Buhârî, İlim 15, Zekât 5, Ahkâm 3, İ’tisâm 13, Tevhîd 45; Müslim, Müsâfirîn 268
[10] Tirmizî, Zühd 14. Ayrıca bk. İbni Mâce, Zühd 3
[11] Haşr/22
[12] Buhârî, Mağâzî, 35

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください