Free Porn
xbporn

buy twitter followers
uk escorts escort
liverpool escort
buy instagram followers
ホームイスラームにおける社会生活イスラム教による女性の権利

イスラム教による女性の権利

イスラムの女性の権利への取り組みを正しくに理解できるためには、イスラーム以前の社会構造における女性の立場を見極める必要があります。女性はイスラム以前の家父長社会で二流の地位を占めていたと言っても過言ではありません。それではアラブ人の大多数が遊牧生活を送っているということは役割を果たしています。[1]

イスラム以前のアラブ社会で女性が二流の地位を占めていた理由は、主に遊牧生活を送っていた好戦的な社会では、女性が生産者と見なされていなかったためです。この立場は、女性の生活さえも重要でないものにしていることがあります。少女たちが家族や部族の手段を使い果たしたり、部族間の襲撃や戦争で外人に捕らえられたという恥を取り除くために、少女たちが自分の家族に殺されたという事実もその証拠です。この非人道的な慣行は、クルアーンで次のように指摘されています:「生き埋めにされた女児が尋ねられるとき、 何の罪あって殺されたのか、と。」[2]

イスラム教は、イスラム以前のアラブ社会における宗教的理解と定住した慣習や伝統の両方に関連して女性の社会的、経済的、法的立場に大きな変化をもたらしました。

クルアーンは、人間であるという点で女性を男性と同等に受け入れています:「人々よ。あなたがたを一個の魂から創造し、さらにそこからその配偶を創造し、さらにその二人から多 くの男女をまき散らした、あなたがたの主を畏れなさい。」[3]

イスラム教によれば、女性はアッラーのしもべであるという点で男性と同等です。「それで主も彼らに応じる。「われはあなたがたのうち、男であれ女であれ、はげむ者のはたらきを無為にしない。」[4]男女の宗教的権利と責任は同じレベルにあります。「信仰者の男女は、互いに味方同士。親切を勧め、非道を禁じ、礼拝のつとめを守り、喜捨をし、アッラー とその使徒に従う。」[5]

イスラムの歴史的資料では、預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)の時代に「預言者のモスク」での女性の宗教生活は、活発であったと言われています。サハベーの女性は会衆で日中の礼拝を行い、金曜日とイードの礼拝に出席したことが知られています。[6]

預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)は、女性にも男性と同じように教育を受ける権利があると述べています。「知識は中国にいるとしても、生きそれを得るなさい。男性または女性を問わず、すべてのイスラム教徒に知識が義務付けられているからです。」[7]

イスラム教では、女性は法的手続きにおいて男性と同じ立場にあります。男性が法的行為を行うことができる条件の下で、女性は同じ条件の下でそれを行うことができます。[8]この宗教では、女性は相続する権利を与えられています。それの受け取るシェアは母親、祖母、妻、娘、姉妹のステータスに応じて個別に決定されます。この権利は、イスラム以前の時代の慣習と比較して重要な革新です。[9]

イスラム教によれば、既婚女性にメヒル(結婚のプレゼント)を与えるのは彼女の権利です。男性の場合、それを支払うことが義務付けられています。メヒルは男性が結婚契約のために妻に支払うことを約束しているのは結婚式の価格です。「[ 結婚相手となる ] 女には、[ 婚資として ] 丁重な贈りものをしなさい。しかし、もしその一部を、彼女 たちの方から辞退するというのなら、円満にこれを受け取り、[ 受け取っても責めを負わされずに済むこ とを ] 喜びなさい。」[10]夫は、既婚女性を養う義務があります。「男が女の世話役となるのは、アッラーが後者よりも前者に恵み、また自分の財の中から [ 扶養に ] 費やす ため。」[11]

女性は夫から独立した経済的アイデンティティ、権利、自由を持っています。「あなたがたは、もしその妻に子どもがいないなら、彼女が遺したものの半分をあなたがたに。もし彼女 に子どもがいるなら、彼女が遺したものの四分の一をあなたがたに。」[12]離婚の間、女性は彼女自身のメヒルからも、彼女の私有財産と富からも何も与えません。[13]女性は自分の好きなようでで節約することができます。「メイミューンは旦那様のムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)に尋ねることなく自分の妾を解放しました。これをムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)に言ったとき、『あなたは本当にそれをしましたか?それをあなたの叔父に与えていたらよかったのに、それはあなたにとってもっと良かったでしょう。 』と彼は言った。」[14]

奥さんが夫の親戚と同じ家に住みたいと思わない場合、現在の状況が適切であれば、別の家に行く必要があります。なぜなら、家に他の人がいるために、男性と女性の間の私生活を経験できない可能性があるからです。[15]

イスラム教によれば、女性はアッラーから男性に委ねられています。したがって、男性は妻に親切で、寛容であり、彼女の心を傷つけないように注意し、そして彼女に優しくでなければなりません。「誠意をもって生活を共にしなさい。もし彼女たちを嫌うなら、 あなたがたは、アッラーがその中に備えておいた多くの良いものまで嫌うことになるかもしれない。」[16]


[1]遊牧民のアラブ人は「ベドウィー」と呼ばれています。クルアーンには、この区別を指摘する節があります。「アラブの中に、許しを求めて申し開きをしにやって来た者があった。」クルアーン9章90節
「 [ 諸部族の ] 同盟 の軍勢が来たなら、自分たちがアラブの [ 部族の ] 中にまぎれて砂漠に住まい、あなたがたについての報せを [ 遠く離れたところから ] 尋ねていられるものなら、と願うだろう。」クルアーン33章20節
[2] クルアーン81章8-9節
[3] クルアーン4章1節
[4] クルアーン3章195節
[5] クルアーン9章71節
[6] Buhârî, ʿÎdeyn, 15.
[7] Beyhakî, Şuabu’l-İman-Beyrut, 1410, 2/253.
[8] Müslim, Ṣalâtü’l-ʿîdeyn, 9.
[9] クルアーン4章11-12節
[10] クルアーン4章4節
[11] クルアーン4章34節
[12] クルアーン4章12節
[13] クルアーン4章20-21節
[14] Müslim, Zekât, 999.
[15] İbn Kudame, el-Muğni, 9/ 237.
[16] クルアーン4章19節

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください