Free Porn
xbporn

buy twitter followers
uk escorts escort
liverpool escort
buy instagram followers
ホームイスラームにおける社会生活イスラム教徒における聖職者の立場

イスラム教徒における聖職者の立場

イスラムの情報源では宗教に関係のない分野や職業の存在については言及されていないため、イスラム学者の間で「聖職者」の具体的な定義はありません。ただし、一般的にムスリムの聖職者の皆さんはクルアーンと預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)のスンナで教えられた真理を人々に認識させる任務を負っています。

21世紀の慣習では聖職者は公式または非公式にモスクやマスジッドの人々を導き、宗教的および道徳的な問題について知らせ、会衆の崇拝を行う時ガイドします。クルアーンは、聖職者は神様(創造者、主人)ではなく、彼らがそうであるかのように振る舞いてはいけないと命じています。[1]

すべてのイスラム教徒の人々は宗教をよく知り、それで生活をしなければなりません。この文脈では宗教を知るという点でイスラム教徒の間に階層はありません。[2]しかし、宗教を尊重するという点で、ムスリム社会では宗教生活の中で敏感に振る舞う方達は人々から尊敬されていました。

イスラム教徒の聖職者は人々が天国に行くのか地獄に行くのかについて意見を述べることはできません。[3]彼らは自分の罪や自分が選んだ義について人々を判断することはできません。彼らはアッラーのしもべであるという点で他の人々と違いはありません。実際のところ、すべてのイスラム教徒は祈りと悔い改めとズィクルを通して、人生にアッラーの存在を感じることによって生きています。したがって、聖職者はこの点でイスラム教徒との違いや特権を持っていません。彼らには特権は付与されません。実際のところ、クルアーンによればムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)の予言的義務の1つは、アッラーと人々の間の仲介者を取り除くことです。[4]

イスラム教ではクルアーンと預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)のスンナ以外の言説や人への無条件降伏は真実ではありません。深く考えられていない談話やアドバイスされた行動は考慮されるべきではありません。誰もが自分の選択の結果に直面します。


[1] クルアーン9章31節

[2] クルアーン30章31- 32節

[3] クルアーン2章111節

[4] クルアーン25章57節、クルアーン41章6節

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください