Free Porn
xbporn

buy twitter followers
uk escorts escort
liverpool escort
buy instagram followers
ホームハズラットムハンマド(pbuh)ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)は間違った事がありましたか?

ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)は間違った事がありましたか?

彼は人間であるため、ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)が間違っていた場合があります。彼が間違っていた事件の存在は、彼が預言者である性質の批判ではなく、そのことの事実を支持している。彼はこの世の終わりまで生きる人々のリーダーであり、ロールモデルだからです。決して間違っていない人や、間違った後に傲慢に自分の間違いを認めない人が、この世の終わりまでに、これから来る人々の模範となることは考えられません。ただし、ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)が間違っていたとき、彼は自分の間違いを表現して訂正することを避けたりはしませんでした。 彼の個人的なの過ちに対するムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)の態度は、人が過ちを犯したときにどのように行動するかを最善の方法で人類に教えることです。

ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)が間違っていた場合、アッラーはが個別にまたは協議の結果として下した決定の真実を啓示しながら説明してくださいました。これらの事件の1つは、ベディルの戦いの結果として捕虜にされたイスラム教の敵であるメッカの人々に関連しています。

ベディルの戦いは、イスラム教の敵であるメッカの人々に対するイスラム教徒の最初の戦いでした。この戦争の重要性は、イスラム教の敵が勝利した場合、イスラム教が歴史から消去されるという事実です。イスラム教の敵であるメッカの人々の数が多いにもかかわらず、イスラム教徒が勝利した戦争の結果として70人の敵が捕らえられました。ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)とイスラム教徒との協議の結果、捕らえられた敵を殺さないことが決定されました。[1]しかし、アッラーはこの決定が間違っていたと次のように述べています。「地上を制圧しつくすまでは、捕虜をとるなど預言者にふさわしいことではない。あなたがたは現世の品々を欲する、しかしアッラーは [ あなたがたのために ] 来世を欲する。アッラーは威力あり、もっとも賢明 である。」[2]

もう一つの典型的な例は、ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)がアスハーブ・ケフの章について質問されたとき、彼は「アッラーが許せば」と言わずに「明日、あなた達に答えます」と言いました。この出来事の15日後、ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)とには啓示はありませんでした。預言者ムハンマドは沈黙で警告されました。啓示が来たとき、アッラーは彼に語りました、彼はムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)にこう言っていました。「なにごとについても、「私は、明日それをやり遂げよう」などと言ってはならない。

「もしアッラーが望むなら」、と言い添えなさい。忘れたときは、あなたの主を想い起こして言いなさい。「お そらく主は、これよりもより真っ当なところへ私を導いてくれるだろう」。」[3]

最後に、言うべきであることを強調する必要があります。預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)が間違っていたのは、イスラム教の宗教の基礎や、イスラム教の条件や慣習の基礎を形成する信仰ではありません。彼が間違っていたのは、彼が個人としての人生で遭遇する日常の出来事です。そのような小さなものはまた彼が彼の信者によって神格化されるのを防ぎました、そして彼の人生を目撃した人々は彼を預言者とアッラーの最も愛された者の両方として受け入れました。


[1] Muslim、「ジハード」、58
[2] クルアーン8章67節
[3] クルアーン18章23-24節

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください